【霜鳥整体院】(台東区 御徒町)骨粗鬆症の疑いのある人は転ばないように 

骨粗鬆症の人が転んで、急性の腰背部痛がある場合には、脊椎の圧迫骨折が疑われます。

このときは、骨折箇所が落ち着くまでに2~3週間は安静が必要です。

しかし、あまり寝てばかりいると、腰の骨がやせてますますもろくなり、筋力も衰えて

しまいます。 骨粗鬆症の疑いのある人は、たとえ室内でも転ばないように

注意が必要です。

http://www.kenryo.com/voice

↑口コミ評判はこちらをご覧ください

http://www.kenryo.com/tokuten

↑ホームページ特典についてはこちらをご覧ください