【霜鳥整体院】(台東区 御徒町)女性ホルモンは骨の量を減らさない 

骨の再生は、カルシウムの吸収と供給のバランスがよく保たれていなくては

うまくいきません。 そして、この骨の再生に大きく関係しているのが、

ホルモン、ビタミンD、さらに骨への機械的な刺激とされています。

とくに女性ホルモンは、破骨細胞の数を減らし、骨芽細胞の働きを促進すると

いわれています。 男性に比べて、女性はもともと骨の形成量が少ないうえに

閉経期を過ぎた中高年の女性は女性ホルモンが減少するために

骨粗鬆症にかかる人が多いのです。

http://www.kenryo.com/voice

↑口コミ評判はこちらをご覧ください

http://www.kenryo.com/tokuten

↑ホームページ特典についてはこちらをご覧ください