【霜鳥整体院】(台東区 御徒町)骨の量が減る原因 

骨の量は成長の終了する20歳くらい(女性は18歳くらい)が最高で、あとは徐々に減って

いくといわれています。 私たちの体のすべての骨は、絶えず生まれ変わっていて

1年に20~30%が新しく再生されているようです。 古くなって石灰化した骨を

新しい骨にするために、骨の再生が絶えず行われているのです。

この骨の再生には骨を破壊し溶かす破骨細胞(カルシウムを吸収する)と、

骨を修復する骨牙細胞(カルシウムを供給する)が互いに協力して働いています。

ところが、この吸収と供給のバランスが崩れ、吸収のスピードに供給のスピードが

追いつかないと骨の量が減り始めるのです。

http://www.kenryo.com/voice

↑口コミ評判はこちらをご覧ください

http://www.kenryo.com/tokuten

↑ホームページ特典についてはこちらをご覧ください