魚の毒素をとる組み合わせ(上野 浅草  御徒町 秋葉原 台東区の霜鳥整体院)

魚の毒素をとる組み合わせについては、日本にはすばらしい習慣があります。

マグロ等の脂肪が多い遠海魚には、脂肪を分解する力が強いワサビを使います。

カツオ等の少し遠海でとれる魚には生姜、サンマ等の近海でとれる魚には大根おろし。

それらは陰陽のバランスをとりながら、魚の毒素も解毒してしまうという

みごとな組み合わせです。 ちなみに魚の毒素を消す果物はミカン、

飲み物は日本茶のカフェインになります。 やはり、両方とも陰性で陽性の魚の

バランスもとってくれます。

そのように考えると、日常生活で習慣になっていることは、とても意味のあることなのです。

http://www.kenryo.com/voice

↑口コミ評判はこちらをご覧ください

http://www.kenryo.com/tokuten

↑ホームページ特典についてはこちらをご覧ください